MAを運用して
商談できる見込客を自動発掘します。

メールを使って「今、商談ができる見込客」をあぶり出し、
架電対象者を見える化するサービスです。

これからはMA運用をアウトソーシングして
営業をオートメーションする時代です。

営業オートメーションとは?

もっとも労力のかかる営業プロセスの一部である「見込客発掘」。
「見込客発掘」を、MAツール運用で自動化する、新しいアウトソーシングサービスです。

アスプラ営業オートメーション導入による効果

アスプラ営業オートメーションを導入すると、
以下の効果が期待できます。

1

手間をかけずに確実なMA運用

MAのコンテンツ作成から運用まですべてワンストップで実行。
だから社内にMA運用担当者がいなくても、確実にMA運用が回ります。

2

見込客が確実に発掘できる

BtoBに特化して、興味度合いを探るためのコンテンツを作成して一斉配信。
だから、「今、御社のサービスに興味がある見込客」を発掘できます。

3

大量のリードを自動でフォロー

営業スタッフだけではフォローしきれない数のリードも自動でフォロー。
だから関係を途切れさせることなく商談のベストタイミングを見つけられます。

御社の見込客が増える、3つの理由

BtoBの商談を増やすことだけに特化した、アスプラ営業オートメーション3つの特長です。

BtoBビジネスのスペシャリストが
徹底サポート

残念ながらMA運用代行サービスを提供する企業の中には、MAツールには詳しくても、肝心のBtoBビジネスやクライアント企業のビジネスを理解していない担当者が多く、運用代行後にクライアント企業の不満が増大するケースをよく聞きます。

当社にて企画・運用を担当するメンバーは、いずれもBtoBビジネスの最前線にて10年以上、マーケティング・営業でトップクラスの実績を出してきた精鋭ばかり。

単にマーケティング理論やITツールに詳しいだけの担当者がコンサルと称して表面的に支援するのではなく、BtoBビジネスで数多くの失敗と経験を積んできたスペシャリストが、ビジネスの成果につながる”手段としてのMAツール”を使いこなすサポートに徹底するからこそ、成果が出せるのです。

もっと詳しく

口だけでなく手も動かす

当社MA運用代行サービスでは、いきなりメール配信するようなことはしません。これでは従来のメールマガジンと何ら変わりません。

まずはクライアント企業のビジネス理解を深めます。その上で、MA施策の導入目的、KPIの設定、見込客を明確化、さらには獲得した後の営業活動やクロージング施策をも意識した、ビジネスプロセスの整理を共に実施します。

時には成果に焦る気持ちを抑えて頂きます。

その上ではじめて、メール原稿やホワイトペーパーなどのコンテンツ制作を実施します。

表面的な理解で口を出すだけのコンサルティングではなく、クライアント企業の現状や独自性をしっかり理解した上で、頭と手を徹底的に動かすからこそ、成果が出せるのです。

もっと詳しく

インサイドセールス体制構築も支援

MAツールを使って見込客を発掘しても、肝心の営業体制が構築できていなければ、新規案件の受注という成果は得られません。ですが最近は少子化や人手不足の影響もあり、どの企業も営業体制が万全には程遠いのが実情です。
そこで、インサイドセールスの体制構築が必要不可欠となります。
MAツールの運用からインサイドセールスという流れを、貴社にとって最適な体制として構築する。

つまり”営業オートメーション”を現実的に構築するための踏み込んだ支援に徹するからこそ、成果が出せるのです。
もっと詳しく

サービス内容

商談できる見込客を発掘するために必要なサービスを、すべて網羅しています。

手間と時間のかかるデータ整備代行

・名刺を預けると数日後にデータ化
・データ化した名刺はMAツールにインポート

面倒で複雑なMAツールの設定代行

・シナリオ設定
・フォーム作成
・スコアリングルール策定

ネタ切れになりがちなメール原稿作成

・月間1〜2回のキャンペーンメール配信
・反応がとれるメールテンプレート
・開封率・クリック率は、もちろん測定可能

ホワイトペーパー(eBook)作成

・見込客を発掘するコンテンツ作成を代行
・ダウンロード数の測定可能
・リードごとに、どの資料をダウンロードしたかも追跡可能

インサイドセールス体制構築も支援

・反応があった見込客へのタイムリーな電話フォロー
・商談機会を発掘するヒアリング
※こちらは別途有償オプションサービスとなります。架電内容により料金が変動します。

運用可能なMAツール

当サービスは、特定のツールに依存しません。
最も大切なのはクライアント企業のステージ・課題にベストなMAツールを選択すること。
その見極めをお手伝いするのも当社の役割です。

事例・実績

MA(マーケティングオートメーション)を営業に活用して、見込客を発掘した事例をご紹介します。

ソフトウェアメーカー
(年商1,000億円規模/従業員約1,000名超)

施策: 展示会名刺交換先からの商談発掘
成果: 以前の展示会と比較して受注率が200%以上アップ!

もっと詳しく

SaaSベンダー
(年商2億円規模/従業員約10〜20名)

施策: 過去名刺交換先からの商談発掘
成果: 初回キャンペーンから見込商談額1,000万円/年 以上を発掘!

もっと詳しく

人材・サービス業
(年商30億円規模/従業員50名規模)

施策: 休眠客の掘り起こし
成果: 800件の名刺から1ヶ月以内に約300万円以上の受注を獲得!

もっと詳しく

製造業
(年商10億円規模/従業員約30〜40名)

施策: 休眠客の掘り起こし
成果: 初回キャンペーンから20件以上の商談アポを発掘!
多数の電話がかかってきたため、一時期営業スタッフでは捌ききれないほどの反応。

製造業
(年商100億円超規模/従業員100名以上)

施策: 休眠客の掘り起こし
成果: 配信数の約5%が見込客へと転換!

パイロット派遣業
( スタートアップ/従業員10名以下)

施策: 過去の名刺に対してメールを配信(1,000通未満)
成果: 多数の返信があり、さらに直接折返しの電話があり、会いたくても会えなかった見込客と商談が設定できた!

なぜコンサルティング会社が
MA(マーケティングオートメーション)の運用をやるのか?

当社はもともと、中小企業のリブランディングを支援するコンサルティング会社として創業し、中小企業の経営実態に数多く触れてきました。


その過程で、中小企業には想像以上に使える技術・ノウハウが隠されていることに気づかされました。

ですがまた、それらを効果的に事業化し、マーケティングするための最新デジタル・テクノロジーの活用が非常に遅れていることにも気づきました。

また少子化の影響や都市部など人材の一極集中、働き方改革など価値観の多様化といった経営を取り巻く外部環境の激変により、従来のような人海戦術に頼った営業活動はもはや限界に達しています。

MAツールを活用した営業活動のオートメーション化は、そんな中小企業を取り巻く環境を劇的に変え、営業活動を活性化させることができる有効な手段と確信しています。

MAツールを活用した営業活動のオートメーション化は、その導入プロセスを誤らなければ、必ず従来型の営業活動を飛躍的に変える効果が期待できます。

アスプラ営業オートメーションが持つ真の力を、ぜひ体験してみてください。

無料相談をしてみる

無料相談を依頼するとどうなるの?

しつこい営業は行いません。
まずはヒアリングをさせていただいた上で、以下のようなことをお伝えしております。

これまでのMA(マーケティングオートメーション)運用サービスとはまったく異なる概念をお伝えするため 、
無料相談をいただいたお客様からは、「目からウロコが落ちた!」と大変好評をいただいております。

無料相談の初回お打ち合わせについて

当社は営業生産性の向上を目的として、営業オートメーションを推進しています。そのため、初回お打ち合わせはウェブ会議システムを利用した遠隔会議で実施しております。

双方の時間節約・会議室確保やお茶出しの手間いらず・地域に左右されない・打ち合わせ時間を調整しやすいなど、大変多くのメリットが享受でき、短時間で生産性の高い打ち合わせが可能です。

無料相談・資料請求は以下に必要事項をご入力ください。

以下のフォームに必要事項を記入の上、ご連絡ください。
通常2営業日以内にご返信します。

無料相談・資料請求フォーム